専門書籍紹介

文庫サイズで読みやすく初心者向けの一冊です。考証、解説など間違いがほとんど無く、入門書で一番お勧めです。

初級者向け
  オリジナル詳細
鎧の各部分の説明が写真つきで細かくしてあり考証、解説など間違いがほとんど無く、入門書で一番お勧めです。鎧の構成を勉強するのによい中級者向けの一冊です。

中級者向け
  オリジナル詳細
国宝、重文などの貴重な鎧の細く正確な計測値など記載しています。しかし解説文が難解で非常に読みづらく上級者向けといえます。

上級者向け
左と同じく、国宝、重文などの貴重な鎧の細く正確な計測値など記載しています。しかし解説文が難解で非常に読みづらく上級者向けといえます。

上級者向け
  オリジナル詳細
公家の装束、武装に関する決まりなどを記した一冊です。有識故実の本の中では、最も分かりやすいです。

中級者向け
国史大辞典から有識故実のみを抜き出した辞典です。鎧、武装についてもかなりの紙面を当てています。

上級者向け
  オリジナル詳細
戦国武将所用の鎧を初め当世具足を多く掲載した、初心者向けの一冊です。写真は大きく見やすいです。

初級者向け
左の続編で普段見ることのできない個人所蔵の良品の鎧を数多く掲載、初心者向けの一冊です。写真は大きく見やすいです。

初級者向け
写真や絵を多用した、初心者向けの一冊です。

初級者向け
著者得意の挿絵による分類別の解説付き、初心者向けの事典です。

初級者向け
オリジナル詳細 オリジナル詳細
皮革産業史の研究
永瀬康博
甲胄武具よりみた加工技術とその変遷
御影史学研究会・民俗学叢書
侍マンガの代表!
刃物で肉を裂く質感、血の熱、金属の重量感など余すところ無く表現した劇画の決定版の画集です。
奈良の律令時代よりの武士の興り、衛府の官人や検非違使など武官の位、職、戦闘方法、馬の乗り方などをつぶさに説いた本で、中世の武士(軍事貴族)の実像に迫った有名な一冊です。 絵画から武士の武装を見た珍しい本で、有名な武田信玄像の間違いなどを明らかにし、新たに別の信玄像の発掘などに貢献した研究は歴史画研究に一石を投じたものとして研究者の間で大きな評価を与えたものです。
学校では教わらなかった、角度から日本史を見直しており政治、文化、宗教、物流、日本人の価値観や心の移ろいなどを正確な資料を基に表したものです。
日本甲冑の変遷を理解するためには必要な知識が満載です。
左の続編で学校では教わらなかった、角度から日本史を見直しており政治、文化、宗教、物流、日本人の価値観や心の移ろいなどを正確な資料を基に表したものです。
日本甲冑の変遷を理解するためには必要な知識が満載です。
著者は日本鉄鋼連盟におられた方で、大学で研究をなさっていたわけではないようですが、ここまで鉄の歴史を追ったものは他には無いと思います。

ルーツ、政治、経済、宗教、信仰、材質、製法、神話、南蛮鉄など様々な面から鉄の歴史を俯瞰でみることができます。
鈴木敬三
合戦絵巻
甦る武田軍団
三浦一郎
我が先輩であり武田武具研究の第一人者の長年の研究の成果が凝縮
上記以外の鎧、甲冑の書籍、(入手困難なの為、手に入りにくい場合があります。大きな図書館などで借りてください。)
その他の鈴木敬三氏の著書 甲冑写生図集、戦国変わり兜、初期絵巻物の風俗史的研究、故實叢書(こじつそうしょ)武装図説、故實叢書(こじつそうしょ)甲組類鑑(こうそるいかん)、日本の服装、復元の日本史、など
その他の山上八郎氏の著書 日本甲冑100選、日本甲冑の新研究、日本の甲冑、兜の研究、など
その他の山岸素夫氏の著書 武州御嶽神社所蔵 国宝赤糸威鎧(青梅市教育委員会、青梅市郷土博物館にて販売)、など
その他の鎧、甲冑の専門書 集古十種、厳島宝物図会、本朝軍器考、歴代風俗写真集 大鎧着初式(靖国神社編)(平安神宮編)、原色日本の美術(甲冑と刀剣)、上代の甲冑、武器考証、軍用記、武用辨略、甲冑便覧、甲製録、季刊 考古学 第76号特集 古代の武器・武具・馬具、など 
                     
    COPYRIGHT © 2005       ALL RIGHTS RESERVED. SINCE 2005