鎧と兜
山上八郎・山岸素夫共著

山上八郎と山岸素夫の共著ではあるが、実際には、山岸素夫がほとんど手がけている。
文庫サイズだが間違った考証が少なく、普通、小さくしか載せない小具足等も丁寧に個別の写真つきで解説されている。
小さい本ながら、これ一冊、読み込めば、かなりの甲冑通になれる。
多くの本筋の甲冑研究家も子供の頃からの愛読書として何冊も読みつぶし、愛読書として薦めている。

初心者向け


                     
  COPYRIGHT 2005        AAL RIGHTS RESERVED SINCE 2005